楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

サービス介助士アドバイザー談Ⅱ

アドバイザーには福祉大学に通う学生もいます。将来の夢を実現すべく、学業に向き合いながら、日常生活での困りごとやバリアとその原因を一緒に考え、サービス介助士としてどのように応対するかを対話形式で進めます。

アドバイザーの一人に「アテトーゼ型脳性麻痺」の学生がいます。何らかの原因で受けた脳の損傷によって引き起こされる運動機能の障害をさす症候群ですが、脳からの信号をうまく送受信できないために、緊張から手足が思うように動きません。今は、顎で車いすを操作しながら、学校近くで一人暮らしをしています。もちろん、自分でできないことは24時間ヘルパーを利用しています。皆さんは、どう感じますか?

フルタイムでお手伝いをお願いしてまで一人暮らしをする必要があるのか? と感じた方もいたかもしれませんね。しかし、できないことをサポートしてくれる環境が整えば、一人暮らしだってできる! 諦めることはないのです。障害があるから諦めるのではなく、どうすれば実現できるのかを考えることがこれからの社会において重要な課題であり、障害の社会モデルを考えることにつながります。社会の障壁が減ることで障害の有無に関係なく生活を楽しむことができるはずです…

(喜山光子=公益財団法人日本ケアフィット共育機構)

(トラベルニュースat 2020年10月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ