楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

国際観光施設協会

持つべきは友。芝商から伊藤忠自動車に同期入社した友人が行政書士として独立していたので、リーコ設立登記業務を一切お願いしました。またメインバンクは近所の大手都市銀行の本部に勤務していた芝商同級生に支店長を紹介してもらい、そこに決めました。

また、上智大の級友5人が、ホテルニューオータニの庭園内の名店、なだ万本店山茶花荘で、スペイン人神父ディエス先生を交えた夕食会で創業を祝ってくれたのです。身に余る光栄。

TMC末期から引き続きJTBトラベランド(略称トラベ)のお手伝いを始めた仕事の一つが、三重交通グループ鳥羽シーサイドホテルの新館建設コンサルです。建築設計は東畑建築事務所で、全体のコンサルをトラベが担当。後に知ったことですが、鳥羽シーサイドの親会社・三交興業の要望は東畑、トラベ双方に経営コンサルタント1名をチームに入れるという条件があったそうです。私がトラベチームに入ったわけですが東畑側には経営コンサルタントはいませんでした。実は東畑も私を推薦してきたそうで、同一人が双方から推薦されたことが一番の驚きだった、と後に三交側から聞いて私もびっくりしました。

このリーコ初年度の90年、「ホテル旅館」9月号に、6ページの「リゾート旅館 投資のためのガイドライン再構築を提案する」を全力で書き、タイミングも合ったためか、三交興業の中枢の方が「20回も読み返した」と言ってくれました…

(佐藤陸雄=元リーコ代表取締役)

(トラベルニュースat 2022年11月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ