楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

真の「車の両輪」の時代

17/10/11

先日、旅館ホテル案内所の総会に出席した。総会に続いて、大手旅行会社の役員が旅行業を取り巻く環境の変化や、自社が抱えている問題、今後取り組もうとしていることなどについて講演した。

講演後に行われた懇親会に、その役員も出席したのだが各テーブルに自ら出向き、会員である案内所の1人ひとりと名刺交換を始めた。その姿に正直驚いた。

参加している人たちが少なかったとはいえ、大手旅行会社でそれなりの立場にいる人が案内所の人たちのもとへ自ら足を運ぶ、という光景を見ることはこれまであまり目にすることはなかった。この役員の姿勢は、自社を根底から変えていこうとする決意を示すものだと思った。

この会社だけのことではなく、どちらかと言えば旅行会社は受入施設に対して“高飛車”だった。ところがここ数年で、受入側とのコミュニケーションの姿勢に変わってきた。OTAや直販サイトの台頭が、自らの存在感を考え直すきっかけになっている。

旅行会社と受入機関が対等の立場で話ができる気運が高まった、と言っても過言ではない。逆に受入機関が旅行会社へ“上から目線”の傾向にあるのが気になるものの、これからが本当の意味での「車の両輪」になることを望みたい。

(トラベルニュースat 17年10月10日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
SNS映えする冬の新潟2

冬の新潟特集第2弾。雪国新潟だからこそ見られるフォトジェニックな風景、景観に加え、冬の新潟は...

SNS映えする冬の新潟1

秋の紅葉。これは国内の比較的広い地域で見ることができる。だから秋観光にはライバルが多い。では...

名湯拠点にいざ清流の国岐阜へ

日本の真ん中、岐阜県。春夏は深い緑、秋は紅葉と豊かな山々が大地を包み、清らかな水をたたえた川...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携アイテム。大阪にある全国の出先案内所収録。毎年5月発行

旅行業者さく引

セールス必携の一冊。近畿エリアの全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ