楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

職場接種を考える

21/06/10

全国的に大規模接種会場での新型コロナウイルスワクチンの接種が始まり、加えて大企業などの「職場接種」も行われるようになってきた。コロナ禍から1年以上が経過し、少し明るい兆しが見え始めてきた。

我々の業界でも愛媛県松山市の道後温泉の旅館組合や兵庫県豊岡市の城崎温泉では、従業員らへの職場接種を行うことを決め、マスコミなどにも取り上げられた。山代温泉や山中温泉を擁する石川県加賀市も8月までに接種完了を目指す決起大会が開かれるなど、同様の職場接種が行うところが相次いでいる。接種によって「安心・安全な温泉地」としてPRすることになり、観光客に安心して来ていただこうという狙いがあるだろうし、沈滞ムードの観光業に少しでも復興の兆しが見られることは喜ばしい。

しかし、全国の温泉観光地で一律に職場接種が行われ安全・安心をPRできたらいいが職場接種ができないところはどうなるのだろう。「あの温泉地は職場接種ができていないから安全ではないかもしれない」ということにはならないだろうか。

ある旅館組合の若い理事長は「安全であるという治験が明らかでないのに、従業員への呼びかけはできない。責任を感じる」と話しており、職場接種が観光復活の足かせにならないか危惧している。

(トラベルニュースat 21年6月10日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽から始めるウィズコロナの旅

東京や関西などの緊急事態宣言が6月20日にようやく解除された。引き続き感染予防の徹底は求め...

スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ