楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「ミスターボンド」登場 社交サロン「ザ・クラブジャパン関西」主宰・原田忠義さん(1) 人と人をつなぐことが天命

「出会い、触れあい、学びあい」

「出会い、触れあい、学びあい」をモットーに毎月第1水曜日、大阪・中之島で社交サロン「ザ・クラブジャパン関西」が開かれている。各界で活躍する人物を講師に、参加者同士の交流にも重きを置く交流会で、2002年から続いている。毎回100人以上が参加する会を先頭で切り盛りするのが、主宰するCSホスピタリティ・アカデミーの原田忠義会長だ。

原田さんは昭和18年生まれ。建設資材の会社で、第一線で活躍する名物営業マンだった。「営業は、売り物に大きな違いがあるわけではありません。では何が違うかというと、お客様の悩みや課題に気づき、心を交わす良き出会いにするという心持ちです。出会った人は皆大事にする。お酒は一滴も飲めないけれどお客様に付き合って北新地に行く。お店のスタッフも大事にする。一期一会、人間が好きというのが大事なんだろうね」。

原田忠義さん

酒は一滴も飲めないが
出会った人は必ず心酔させる原田会長

相手を大切にする原田さんは慕われ、「原田に任せたら安心」と建設業界で一目を置かれ、絶大な信頼を得るようになっていった。

「今は、ぼくが培った人脈を皆さんに引き継いでいくのが役目。ミスターボンドです」。自らが接着剤となって、人と人を結びつけることだ。

(次の記事)「ミスターボンド」登場 社交サロン「ザ・クラブジャパン関西」主宰・原田忠義さん(2) 営業とは一期一会

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ