楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

“旅行家”としてのこだわり 文化観光研究会会長・薦田光さん企画のツアー

大阪・北浜のレトロで瀟洒なビルの1室に「文化観光研究会」はある。57年に渡って旅行業を営んできた薦田光さんが代表を務める研究会だ。旅行会社時代の常連客だけを対象に、長年培ってきた旅の経験に基づく良質でこだわりのツアーを提供している。「旅行家」を自負し、御年86歳になった今なお旅への興味が尽きない薦田さんを訪ねた。

良質でこだわりのツアー プライド持ち仕事を

薦田さんが「文化観光研究会」を立ち上げたのは2019年3月。それまで自身で経営していた旅行会社、伏見ツーリストを廃業して設立した。

話はずいぶんと遡る。旅行業の第一線で活躍していた薦田さんは当時、客の注文をこなすだけの「旅行屋」であることに嫌気がさしていた。そんな時に観光の語源を知ることになった。

中国の四書五経の易経の一文にある「観国之光」。そこには「国の文化や政治、風俗をよく観察する」「国の風光・文物を外部の人に示す」とあった。薦田さんはその意味に救われたと述懐し会社の企画ツアーを「光ツアー」と名づけた。

観光本来の意義を盛り込んだ光ツアーは「会社の社長や役員、医者や弁護士の参加が多く、見識が高く口の肥えた方ばかりです。そういった人たちに満足いただけるツアーを企画することが楽しみでした」。

その光ツアーの常連客を会員とし発足したのが文化観光研究会。現在、会員は30人。常連客に支持されてきた良質で楽しいこだわりのツアーの企画だけを行い、手配関係はかつて副理事長を務めた協同組合大阪府旅行業協会(OATA)に依頼する形を取っている。

薦田光さん

薦田光さん=OATA発起人の一人で、
93年に設立された旅行業女性オーナーの会(はまなす会)
の運営にも尽力。
2017—18年度の大阪城東ロータリークラブの会長も務めた

20年から本格的な活動を行っていこうと準備を進めていた矢先、薦田さんに大腸がんが見つかる。加えて新型コロナウイルス感染症のまん延で、ツアーどころではなくなったものの闘病を続け、ようやく体調も復活の兆しが見えてきた。ワクチン接種も浸透し、安心安全を徹底したなかで旅行へ、というムードになりつつある。

「私が思う文化観光にこだわった旅行企画ができるようになるまで、もう少しの辛抱です。以前旅行会社は旅行屋と蔑んで言われましたが、これからの旅行会社は旅行家というプライドを持って仕事をしなければならないと思っています」。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅福井あわら編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の福井県あわら温泉の魅力にスポット。未だ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅石川山中編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の石川県山中温泉の魅力にスポット。未だ制...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ