楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

なにわ伝統野菜のパワー 難波葱の会事務局長・難波りんごさん

古くから人が住み栄えてきた上方は、人々の胃を満たすため食の大生産地でもあった。今や希少種になってしまったが、毛馬胡瓜や守口大根、天王寺蕪など上方の伝統野菜はずらりとある。

難波りんごさんは、そんななにわの伝統野菜を発掘してきた先駆者の一人。23年前、大阪市阿倍野区の郷土史を調べ天王寺蕪に出会ったのがきっかけだ。「天王寺発祥の野菜ですが、ほとんど知られていない。だけど長野県野沢温泉村に行くと皆さん、野沢菜の親ですって知っていました」。

興味を持ったりんごさんは、大阪周辺で盛んに栽培されていた伝統野菜を発掘、農家に協力を呼びかけて復活させていった。なかでも大阪の繁華街ナンバ一帯の広大な畑で栽培されていたのが「難波葱」だ。

「難波葱は葉の繊維が柔らかく、強いぬめりと香り、濃厚な甘みが特徴です。京野菜の九条ネギのルーツでもあるんです。もともとネギは大和朝廷が防疫対策として奨励していたほど、身体にいい野菜として伝統的に食べられてきました」。実際、体内でウイルスを食べるマクロファージなどを活性化させることが明らかになっている。

「今たいへんな時期ですが、難波葱のパワーを皆さんに知っていただき食べてほしいですね」

難波りんごさん

難波りんごさん

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ