楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

【観光業界リーダー年頭所感】日本観光振興協会 全国産業観光推進協議会会長 須田寛 氏

年頭にあたり、皆々様の益々のご発展ご健勝を祈念申しあげます。

昨年は観光にとってコロナ禍に振り回され、厳しい年でありました。今年こそコロナ禍を収束させ、観光の再活性化を進めねばなりません。

専門家の言によると、コロナは完全に絶滅させることは難しく、当分警戒が必要とのことであります。

そうだとすれば、新しい年の観光で「産業観光」の果たす役割は極めて大きいと思います。なぜならば、その観光資源である「産業」は絶えず生きているからです。しかも、農漁業観光は屋外での観光であり、中心となる工場見学などは作業員の安全も考えて、すでに三密とならないよう、現場では対策がとられています。このような点を念頭に新しい年にふさわしい「産業観光」モデルを積極的に模索したいと考えております。

「産業観光」も最近行われ始めたオンラインによる観光ももちろん可能です。しかし、やはり観光は事情の許す限り、現地を訪問して観光対象に直接触れることが必要で、そのための情報の提供が重要であると考えられます。このため、日本観光振興協会では、国の選定を受けた事業として、総合観光情報システム「産業訪問︱インダストリアルスタディングツーリズム」の構築に努めているところです。

これは「産業観光」にかかわる新しい情報サイトで、特長は単なる情報提供だけでなく、情報検索から目的の「産業観光」を選択し、申込・予約・決済までのすべての手順を充足できる画期的な情報システムでもあります。今年はモデルコース(数十箇所)を用意し、このようなサービスを行いますので(すでに一部は対応可能)、ぜひともこのサイトをご利用のうえ、一人でも多くの方がものづくりの「心」にふれる「産業観光」に参加していただくことを期待しております。

今年を「産業観光」の年とするべく、年頭にあたって、決意をあらたにする次第です。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ