楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「宝物」そろう山岳高原 上高地ホテル白樺荘、初夏のミニ開山祭開く(1)

上高地ホテル白樺荘(長野県松本市上高地)は6月6日、メディアや県内常連客が参加し「ミニ開山祭」を開いた。

例年4月27日に河童橋のたもとを主会場に開っかれる「上高地開山祭」は今年、新型コロナウイルス感染拡大の影響で神職や関係者だけで安全祈願の神事のみを行った。

独自にミニ開山祭を行ったことについて、ホテル白樺荘の鳥居総一郎社長は「多くの皆様に、元気になっていただくことが、最大の目的です。沈滞する観光を元気にしたい。外出を控えてひたすら自粛する皆様に美しい上高地をお目にかけ、世界に誇る上高地は何があろうと永遠に美しいということをお伝えしたい」と思いを込めた。

6日午前、ミニ開山祭はホテルのテラスレストラン「ラ・ベルフォーレ」を会場に、通常の上高地開山祭同様にアルプホルンの演奏で幕開け。その後、ネイチャーガイドの案内で「白樺展望台・岳沢湿原」を約1時間散策したり、上高地の成り立ちや河童橋の由来などを聞くレクチャーに参加して、例年と異なる静かな上高地を堪能した。

ホテル白樺荘

ホテル白樺荘のテラスレストラン
から望む穂高連峰

(次の記事)「宝物」そろう山岳高原 上高地ホテル白樺荘、初夏のミニ開山祭開く(2)

(参考サイト)上高地ホテル白樺荘

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ