楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

バス旅行の安全性 熊本県旅行業協会らが実証実験(2) 団体復活へアピール

実証実験に合わせて行った意見交換会では「除菌、消毒を乗車時にしてくれるし、途中で人が乗ってこないので他の公共交通機関と比べると安心・安全だと思った」「バスの乗降時にかなり時間がかかるので、行程に余裕がほしい」「日帰りバス旅行で40―60分の時間が余計に必要」「昼食時に会話を控えるのは大人にはちょっと厳しい」などの意見が挙がった。

また、バス会社からは「トイレ休憩などの短時間で座席や車内を除菌するのは難しい」とする指摘もあった。

熊本県旅行業協会の松嶋洋会長は「いかに新型コロナウイルスと向き合うかがこれからの課題であり、今回新しい生活様式に対応する貸切バス実証実験を実施したのもそのためです。Go Toトラベルなど各種政策で旅行需要が増えるとしても、まずは個人旅行が主体になり、貸切バスを利用する団体旅行の需要が回復するのはその後になると思われます。バス協会、食事施設、観光施設とも協議してさらに対策を講じていきたいと思います。お客様に対しても過度に心配したり自粛したりされないように、ガイドラインに沿った運用による安心安全な旅行を提供していることを発信し、秋の修学旅行シーズンを間近に控え、保護者の懸念を取り去ること、団体旅行の需要を図ることが重要です」と話す。

熊本県旅行業協会バス旅行実証実験

地元メディアの取材を受ける松嶋会長

また、熊本県旅行業協同組合の赤司大介理事長も「今回の実証実験で確認できた『安心・安全な』旅を盛り込むことで、これからの秋のシーズンに向け、立ち上げっていければと考えております」としている。

実証実験は地元マスコミの注目度が高く、多くの新聞社とテレビ局が取材した。

(前の記事)バス旅行の安全性 熊本県旅行業協会らが実証実験(1) ガイドライン徹底し試行

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ