楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

【観光業界リーダー年頭所感】京都府旅行業協同組合 理事長 森野茂 氏

新春を迎え、謹んで年頭のごあいさつを申しあげます。

2020年春に世界中の国々が様々な制限措置をしてから2年が過ぎましたが、残念ながら新型コロナウイルスの影響はいまだに続いております。国内でも緊急事態宣言の最中ではありましたが、1年遅れで東京2020オリンピック・パラリンピックが無観客で開催され、日本人選手の活躍にはたいへん感動いたしました。

今、旅行業界を取り巻く環境はコロナ前とは大きく変わりました。各組合員の扱う海外旅行は制限され、インバウンドはゼロに。旅行業の新型コロナウイルス対応のガイドラインでも制約やルールを課され、国内旅行も対応に追われて手間は今までの数倍です。また、収益の大部分を占める団体旅行の復活は難しく、これからも減少していくことになるでしょう。

組合自体の収益の柱であるクーポン事業もコロナ前の90%減、岡崎桜回廊十石舟も2年連続会期途中での中止という厳しい結果になりました。今年こそは満開の桜の中、マスクを外して笑顔で皆様に運航期間終了まで楽しんでいただければ嬉しいです。

コロナが収束すれば旅行の形態が大きく変わるのではないかと思います。組合でも新しい旅行に対応できるように、それぞれの地域で強みを活かせるように研修や情報を共有し、京都府、京都市、各DMOをはじめ協定施設の皆様と各組合員のつながりをさらに深め、持続可能な観光の発展に貢献してまいります。

旅行業界が明るくなれば様々なところに波及効果をもたらします。事務局と役員が一丸となって取り組んでまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

2022年旅行業界が復活の年、飛躍の年となりますようご祈念申しあげ、年頭のごあいさつとさせていただきます。

年頭所感

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ