楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

【観光業界リーダー年頭所感】日本観光振興協会 全国産業観光推進協議会会長 須田寛 氏

新年あけましておめでとうございます。年頭にあたり皆様方の益々のご発展、ご健勝を祈念申しあげます。

コロナ禍による移動制限のない新年を迎えることができました。今年こそ低迷していた日本の「観光」復興を図らねばなりません。しかし、依然としてコロナ感染者数は高止まりが続いており、新しい流行の波が懸念されるとの専門家の声も聞きますので、今年も警戒を怠ることはできません。いわば、ウィズコロナ時代ともいうべくそれに対応できる「観光」を進める必要があります。

私見ですが、そのような現状に最もふさわしい「観光」として、「産業観光」が挙げられます。「産業観光」は、観光資源を従来とはやや異なった角度から観る「観光」、すなわち新しい視点にたった「観光」だからです。また、「産業観光」は観光対象(観光資源)をものづくりの視点から観る「観光」で学習観光、体験観光という最近の観光ニーズにふさわしい「観光」でもあります。

「産業観光」はものづくりを視点とするテーマ別観光のひとつで、歴史的、文化的価値のある産業遺産(産業文化財など)、ものづくりの現場(工場、工房など)の見学、体験ないしは産業製品などを観光対象とする「観光」です。従って「産業観光」はその性格上、「密」のない「観光」が中心です。稼働中の現場見学は小人数ずつグループわけして見学するのが普通です。

さらに、農漁業観光では野外での「体験観光」が中心になるからです。また、これからの「観光」はSDGs(持続可能な開発目標)にアクセスできる「観光」ないしはSDGsのゴールに向かって前進する「観光」が求められます。そのために最も適合した「観光」もやはりものづくりに関わる「産業観光」ではないでしょうか。

ウィズコロナの厳しい時期、しかし社会経済を活性化するために「観光」への期待が高まる現在、SDGsにアクセスできる「観光」、「密」のないウィズコロナ時代にふさわしい「観光」として「産業観光」に、より多くの人が参加することが観光復興のためにも、持続可能な社会構築のためにも急務なのではないでしょうか。

今年こそ「産業観光」の年としたいものと思います。

年頭所感

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ