楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

【観光業界リーダー年頭所感】一般社団法人京都府旅行業協会 会長 北澤孝之 氏

あけましておめでとうございます。新しい年を迎え、謹んで新年のごあいさつを申しあげます。日頃より一般社団法人京都府旅行業協会に対し、格別のご高配を賜り厚く御礼申しあげます。

3年もの間コロナにより大打撃を受けた旅行業界ですが、昨年5月に感染症5類となり、コロナ前の状況に戻ってきました。全国的に人手不足が問題となり、旅館や食事施設の維持運営が厳しくなり、ドライバー不足も加わりバスの確保ができずお客様への提案も思うように進まないことが多くあります。

そのような環境の中で、時代の変化とともに未来は柔軟性と創造性を持ったアプローチが求められます。人と人とのつながりを大切にしてきた旅行業は地域とのコミュニティなどにより旅行を通じて顧客との信頼関係を築いてきました。決してAIに変わるものではありませんので自信をもって事業を継続していけば良いと考えます。近年の観光行動も変化し団体旅行から旅行の個人化、小グループ化が進んでいます。旅行業においては持続可能な旅行やデジタルで表されているマーケット情報の重要性が増してきております。

日本中の観光においてはインバウンドが急激に復活し、都市によってはオーバーツーリズムの状況が続いています。

アジア各国の経済発展はめざましいものがあり、日本は治安が良い、買い物や食事が楽しめる、独特の文化があるなどの理由で「海外旅行をしたい国」として上位にあげられています。

外国人観光客が大幅に増えておりますが、今まで手を付けていなかった旅行形態にもチャンスがあります。自然環境に触れたいという需要は大都市や有名観光地から地方へ目を向けることにもなっています。また体験型観光のニーズが多様化しております。SNSから個人的情報を得ることも広まってきています。

来年4月13日に開幕される「大阪・関西万博」も急ピッチで準備が進められているところで、このビックチャンスをぜひ活用していきたいと思います。日本からの海外旅行の復活も期待できるところです。

この新しい年が希望のある年、夢のある年、より良き年になるよう心から祈念いたしまして年頭のあいさつとさせていただきます。本年もよろしくお願い申しあげます。

年頭所感

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ