楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

【観光業界リーダー年頭所感】一般社団法人全国旅行業協会 会長 二階俊博 氏

明けましておめでとうございます。新しい年を迎えるにあたり、ご挨拶を申し上げます。

2023年は、5月に新型コロナの感染症法上の位置づけが5類へと引き下げられたことで、観光業も国内旅行や訪日旅行を中心に賑わいを取り戻し始め、観光の再生に向けた大きな一歩を踏み出した年となりました。その一方で、オーバーツーリズム、団体旅行の需要回復の遅れ、物価の高騰、宿泊機関や運送事業者などのサービス提供機関の人手不足など、様々な懸案事項が顕在化する年でもありました。

旅行業界の再生への道筋と課題が見えてきた中で迎える新たな一年は、我が国が目指す観光立国の実現に向けて、旅行業界が飛躍する年にしなければなりません。そのためにも、事業者、旅行業協会、関連省庁などが一致団結し、同じゴールを目指して歩みを進めていくことが肝要となります。我々旅行業協会も持続可能な観光地域づくり、 多様化する旅行ニーズへの対応、利益率の高い高付加価値商品の造成促進、観光DX化への取り組みなど新たな旅行業界の姿を業界内外に向けて発信し、旅行機運を高めるとともに、会員の皆様の力が十分に発揮できる環境の整備に努めてまいりたいと存じます。

また、本年2月15日には愛知県名古屋市で「第18回国内観光活性化フォーラムinあいち」を開催いたします。本フォーラムは、当協会47支部組織、全国のANTA会員ならびに観光関係の皆様が一堂に会し、開催地の愛知県への送客を促進するとともに、国内旅行および地域観光のさらなる需要拡大を図ることを目的とした大会となります。本フォーラムが旅行業界の活性化を導く、実り大きいものとなるよう全力を尽くしてまいります。

さらに、海外旅行やインバウンドの国際往来につきましても、近隣諸国を中心に、より活発な交流が行われるよう取り組んでまいります。私はかねてから「観光は平和産業」と申し述べておりますが、国際交流が盛んになることで、お互いの国への理解が深まり、国民同士の絆が結ばれ、新たな観光需要が生み出されることとなります。観光での交流で得た絆は不安定な社会情勢にも左右されにくい、国の宝であります。ANTA会員の皆様が先頭に立ち、多くの日本人が外国の文化に触れ、多くの外国人が日本の文化の素晴らしさを経験する機会を大いに創出していただきたく存じます。

観光が明るくなれば、世の中は必ず明るくなります。これまで培ってきた長年の経験と英知を結集して、全国各地の元気を取り戻すべくANTA会員一丸となり、我が国の観光産業がさらなる飛躍を遂げる元年となるよう、総力を挙げて共に奮起してまいりましょう。

年頭所感

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ