楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

美肌の湯、茶、焼き物− 嬉野市の魅力/佐賀嬉野特集

美肌の湯で知られる嬉野温泉。シンボル的なゴシック風建築物の外湯、シーボルトの湯をはじめ温泉街には足湯スポットが点在し、気軽な湯めぐりも。温泉以外にもスイーツ、湯どうふなどの食も魅力だ。

シーボルトの湯

温泉街のシンボル
シーボルトの湯

同温泉を代表する老舗の一つ、和多屋別荘は今年11月、特産のお茶と読書を楽しめる「BOOKS&TEA三服(さんぷく)」がオープン。嬉野ならではのセレクトショップも並ぶ。ワーケーションプランも充実し、ウィズコロナ期の新しい温泉旅館の過ごし方を提案している。

「うれしの茶」は地域を代表する特産品。茶の歴史や生産工程などを分かりやすく紹介した「うれしの茶交流館チャオシル」は入場無料。別途有料で茶染め体験やお茶のいれ方教室など体験メニューも設定し、五感でうれしの茶に触れられる。まちを囲む里山に入れば一面茶畑の「茶空間」が広がる。展望テラスが設けられている茶畑もあり、心地よい空間でお茶を楽しむイベントも。「ティーツーリズム」は嬉野ならではのユニークなプログラムがずらり。

嬉野市は、日本遺産「日本磁器のふるさと肥前」を構成する焼き物の里。市内各所に窯元が点在しているが「志田焼の里博物館」は大正期に創業した工場をミュージアムとして蘇らせた。志田焼の歴史や製造過程を学ぶことができるほか、1万点以上の作品を展示。ろくろを使った造形体験や絵付けの体験もでき、作った作品は後日宅配便で配送される。入館料は大人300円。1月末まで、県内の焼き物の産地で使える周遊パスポート「ななぱす」が設定されている。

志田焼の里博物館

志田焼の里博物館

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ