楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

【観光業界リーダー年頭所感】全日本空輸株式会社 大阪支店支店長 種村守之 氏

新年あけましておめでとうございます。

本年2022年の干支は、壬寅(みずのえとら)であります。トラと言えば力強く精悍なイメージが強い動物であり、まさにこの名を冠するプロ野球チームもそんな感じであります。ちなみに前回の壬寅、1962年は惜しくも日本一はなりませんでしたが、村山実さんらを擁してリーグ優勝を果たした年でありました。然るにこの壬寅は、そんなトラの猛々しさとは少し違って、乳虎や母虎のような優しいトラの特徴を持っているそうです。

発生以来実に2年を経過しつつある新型コロナ禍はいまだ新種の株を創造するなど依然脅威であります。そんな時に壬寅とともに新春を迎えられたことは、この22年が壬寅のように優しく、家族を大切にして周囲を思いやる、よい年になりそうな気がしております。

ところで、弊社では昨年末より、アニメ「鬼滅の刃」とのタイアップ『想いをつなげ、絆のツバサ』をスタートしました。図ったわけではないのでしょうが、このコンセプトが壬寅の特徴にとてもマッチしていると思っています。「鬼滅の刃」は、もともと深夜アニメだったものが、新型コロナ禍に日本社会が喘いでいた昨年にアニメシリーズの後日譚が劇場公開され、驚くことに興行収入300億円超で国内劇場映画興行収入歴代1位の金字塔を打ち立ててしまいました。戦闘場面などでは全年齢向けとは言い難いシーンも多かったにもかかわらず、乳幼児やお子様のおられるご家庭を含め国中の支持を集め、さらには弊社を含めた様々な企業のタイアップもこれありで、それ以来ずっと社会を席巻し続けています。その理由を業界や識者の方々が分析しておられますが、そのひとつが作品のテーマが家族愛であることと、それを核として鬼という脅威に立ち向かう人間同士の絆を鮮やかに描いているからだと言われています。きっとこうしたメッセージが、鬼ならぬ新型コロナ禍に苦しむ人々の共感を呼んだのだと。

優しいトラの壬寅の年に、「鬼滅の刃」とのタイアップ『想いをつなげ、絆のつばさ』を胸に今年こそ人々がハッピーになれますよう、微力ながら弊ANAグループのあらゆるリソースを駆使して皆さまとの絆をつないでまいる所存でありますので、本年もご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申しあげます。

年頭所感

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ