楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

9割超が満足、再訪に意欲 訪日外国人の満足度調査

観光庁は2017年の訪日外国人の61.4%が、訪日回数2回以上のリピーターであり、訪日回数を重ねるほど消費額も拡大し、リピーターほど地方訪問の機会も増加すると発表した。

訪日した際の満足度が低ければ、リピーター化することは期待できない。そこで観光庁による、観光・レジャーを主目的として訪日した外国人の満足度調査結果のうち主要4項目の直近3年の推移を表(トラベルニュースat18年5月10日号に掲載)にした。

まず「訪日旅行全体の満足度」をみると、「たいへん満足」と「満足」の合計が92―93%と非常に高い数値を続けている。逆に「たいへん不満、不満、やや不満」の合計は年々減少して17年はわずか0.4%、「普通」と合わせて2.4%であり、ほぼすべての訪日客が満足を持ち帰っている。これが次の項目「日本再訪意向」につながり、17年は「必ず来たい」と「来たい」を合わせると94%にのぼっている…

(佐藤陸雄=観光研究者)

(トラベルニュースat 2018年5月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ