楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

サービス介助士アドバイザー談3

アドバイザー談の3回目は、視覚障害者です。

視覚障害とは、視力と視野に一定以上の障害がある場合をいいます。症状も様々で100人の視覚障害者がいれば100通りの見え方があり、個人差も激しいと言えます。また「先天性盲」「中途失明」という違いもあります。サービス介助士アドバイザーの一人に、視野に異常はないですが「弱視」で「まぶしい所が苦手」というアドバイザーがいます。

日常生活での困りごとに、日々利用する公共交通機関があります。

まず運賃表や券売機の文字サイズに苦慮しています。自分の見え方を基準とすれば、やはり小さいと感じています。見えないことは、自分自身の身体機能の制限ですから、ある程度の困りごとは仕方ないと思っており、自分なりの工夫で克服している毎日、つまり「障害の個人モデル」です。例えば、携帯電話のカメラ機能を使えば文字を拡大して見ることはできますが、離れた所からでは限界があります。別の手段としてインターネットで調べるという工夫もしているものの、かなり自分の目を酷使してしまうことになり、不安があります。公共交通機関は不特定多数の多様な人が利用する場所であるからこそ、多数派を優先する社会の仕組みが、偏りや歪みを生み出し、少数派に困難さを生じさせています…

(喜山光子=公益財団法人日本ケアフィット共育機構)

(トラベルニュースat 2020年11月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ