楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

未来のわが国の旅館像は?

最近、マスコミなどで“AI”とか“IoT”とかの言葉をよく聞きますが、前者は「人工知能」、後者は「モノのインターネット化」の意味と言われています。

先日、運転中にラジオを聴いていたら、欧州で開催されたIoTのフェアを視察してきたその道のプロのレポートで、冷蔵庫にスマホのようなインターネットがついていて、外出中の主婦のスマホから冷蔵庫の中の在庫品が確認できて、さらにその在庫品による料理可能なレシピまで検索できるとのこと―。運転しながら、かなり驚いた覚えがあります。

このことを旅館の経営に活用すれば、例えば月末の調理や飲み物の在庫管理は簡単にIoTで可能になりますし、リピーターのお客様ごとの予約データに顔写真の添付、客室のお好みの温度や湿度の管理などが簡単に可能になると思われます。すでに導入されている旅館ホテルもあるのではとも感じます。

AI=人工知能の方はその旅館の女将の一日の行動パターンを把握し、うっかりミスをしそうな時にはAIが「女将さん、3階のお花活けのチェックは、まだ完了していません!」と言われたりして…

(小原健史=全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会特別政治顧問)

(トラベルニュースat 2017年10月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ