楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

経営診断のプロへ歩む道

1966年、結婚式場を対象にセミナーをやろうという話が出てきて、池田さん(全員、さん付けで呼び合うルール)と私が担当することになりました。情報を集めているうちに、大久保の三福会館・年間1万組、明治記念館・5千組、東京厚生年金会館・4千組の結婚披露宴実績が都内のトップ3とわかりました。

当社が親しかったホテル後楽園を会場に、3施設の経営幹部、さらに1年前に川治温泉ホテルで開催した「宴会演出研究セミナー」に出講いただいたホテルオークラの橋本保雄宴会課長にも登壇していただきました。問題は、どうやって参加者を集めるか、DMの宛先探しでしたが、私の発案で47都道府県すべての職業別電話帳を電電公社で買ってきて、めぼしい結婚式場に手書きでチラシを送る、都内の主要施設は直接訪問で担当者に手渡す、という原始的方法で実行して成功しました。この「結婚式場経営研究会」は、私が独立後に引き継ぎ1998年まで30回開催し、また私は後に業界空前だった日本のブライダル業界の歴史の専門紙連載、業界唯一の公益法人・BIA設立への尽力等で同業界に貢献しました。

私が初めて外部の出版物に寄稿したのは28歳の1967年、月刊誌「近代旅館」で、標題は「販売に直結する営業統計」でした。発行所は国際観光設備協会(後に深く付き合う国際観光施設協会の前身)…

(佐藤陸雄=元リーコ代表取締役)

(トラベルニュースat 2020年9月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ