楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

わかやま歴史物語 県内100のストーリーを旅のモデルに

18/05/22

和歌山県が推進する観光ブランディングのひとつ「わかやま歴史物語」。神話の時代から近代まで、県内に根付く歴史を一般客にもわかりやすい「旅のモデル」として発信するものだ。そのストーリーの数は100。このほど、これをまとめた冊子が完成し、県観光振興課や県観光連盟は広く配布、県内外にアピールを図っている。

「わかやま歴史物語」の推進は昨年度から本格的にスタート。世界遺産高野山や熊野古道、真田幸村ゆかりの地など、和歌山県観光の一大素材である歴史を改めて洗い直し、歴史と“インスタ映え”スポット、人、文化、食、温泉、体験など様々な観光の要素と絡めて、和歌山県ならではの歴史紀行を提案する。

冊子ではもちろん100のストーリーを紹介。なかでも、那智勝浦町の熊野那智大社や那智の大滝、新宮市の神倉神社などをめぐる「神武東征神話」の旅、古代の豪族・紀氏の墓と伝えられる和歌山市の岩橋千塚古墳群など古代から、幕末・明治期に活躍した陸奥宗光が生まれた和歌山市や、多分野で功績を残した学者・南方熊楠ゆかりの田辺市へ近代の歴史を求めての旅など、歴史ロマンあふれるコースを特集している。

あわせて特設ウェブサイトも開設。旅のモデルの詳細を掲載している。URLはhttp://wakayama-rekishi100.jp/

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
旅で四国を元気に!香川編

7月に発生した平成30年西日本豪雨は四国各地に大きな被害をもたらした。だが、こういう不測の事態に...

秋の愛知で体感想像のその先

愛知県とJRグループは共同で大型観光キャンペーン「愛知デスティネーションキャンペーン(DC)」...

海と生きる三重伊勢志摩感じて

三重県伊勢志摩は、伊勢神宮への篤い信仰と独自の風土を軸とした唯一無二の観光文化に、国内外から注...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ