楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

大阪万博に6割「行く」 エアトリが調査発表

19/01/11

2025年の開催が決まった大阪万博。開催決定に「嬉しい」と回答した人は45.6%で、「行きたい」人は近畿圏で8割、関東圏では5割だった—。旅行ポータルサイトのエアトリがこのほど10—70代の男女1233人を対象にした調査結果を発表した。

万博開催の決定に近畿圏は60.5%が「嬉しい」と回答したが、関東圏は34.8%。「大阪のインフラが整備される」(兵庫30代男性)や「東京五輪景気後の冷え込みを支えられる」(京都60代男性)などインバウンドによる経済活性化への期待をはじめ、1970年以来55年ぶりに「もう一度行ける」ことを歓迎する人も多かった。

夢洲

大阪万博の会場になる夢洲をのぞむ

一方で「費用対効果が不安」(東京40代男性)や「経済効果は期待できないと思う。50年前とは周辺状況がまったく違う」(愛知50代男性)など開催効果を疑問視する意見もあった。

実際に万博へ行くかを尋ねたところ、全体では63.8%が「行きたい」と回答。近畿圏では80.1%と高い値を示した。関東でも半数を超えた。

過去、日本で開催された万博に行ったことがある人は66.3%。特に60代は7割以上が行ったことがあると回答した反面、10—20代では3割にとどまった。行ったことがある万博は、前回の大阪万博が41%、愛・地球博が24%、つくば万博が22%だった。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ