楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

本格シーズンに向け感謝の集い 湯沢町/新潟

19/01/28

新潟県湯沢町と湯沢町観光協会は昨年11月末に東京・紀尾井町のホテルニューオータニで「ありがとう湯沢 感謝の集い」を開いた。湯沢町への来訪や送客に感謝を示すとともに、冬季観光イベントなどを紹介した。集いには旅行会社やメディア、都内在住の新潟県人会関係者が出席した。

湯沢町には、小説雪国の舞台で知られる越後湯沢温泉をはじめ、宿泊施設は250軒を数える。町内に苗場スキー場やガーラ湯沢スキー場など大小12のスキー場があり、冬季が観光のトップシーズン。東京から上越新幹線で1時間10分という近さもあり、首都圏を中心にスキーシーズン中、アジア最大規模の250万人が来場する。

苗場スキー場では「FISアルペンスキーワールドカップ2020」の開催が決まった。20年2月22、23日に男子回転と男子大回転が行われる。湯沢町で開催するのは4年ぶり4回目。

毎年夏に開催されるフジロックフェスティバルは海外の出演者、観客にも人気。スキー、音楽と国際イベントの町としての知名度も高い。

湯沢町の田村正幸町長は感謝の集いで18/19年スキーシーズンに期待した。フジロックを主宰する日高正博代表は「20年間7月最終の週末に苗場スキー場で開いてきましたが、2020年は日程が東京オリンピックとぶつからないよう検討しています」と紹介した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ