楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

江戸まち たいとう芸楽祭、18日から上野・浅草で

19/08/13

第2回「江戸まち たいとう芸楽祭」が8月18日から、台東区内の上野公園や浅草エリアを会場に始まる。期間は10月26日まで。

ボヘミアン・ラプソディ 18日19時ころから、上野公園で野外応援上映

18日19時ころからは、オープニングイベントとして上野公園の噴水前広場で、映画「ボヘミアン・ラプソディ」を野外上映する。映画館でも人気となった声出しや、一緒に歌うのもOKの応援上映で、入場無料、予約も不要。椅子席を300席用意。立ち見、地べたでの観賞もできる。

オープニングイベントは同会場で映画上映前の16時にスタート。漫才や尺八演奏、タレントのROLLYさんとギタリストでたいとう観光大使の村治佳織さんが、クイーンについて語るトークショーなどが行われる。

10月15日には、ビートたけしさんが出演

また、10月15日にはビートたけしさんが浅草公会堂に出演し、浅草の笑いを語るトークショーを開く。ビートたけしさんは、たいとう芸楽会の名誉顧問を務めていて、「このまちがオイラの原点。肩の力を抜いて笑ってほしい、肩を震わせて泣いてほしい芸楽祭」とコメントを寄せている。

このほか、たいとう芸楽祭では、夏休み期間中の20、23、25日に映画づくりを体験する「子ども映画ワークショップ」を行うほか、一龍斎貞水と出雲蓉の「怪談と地唄舞(8月24日、西浅草東本願寺)、浅草オペラ(10月19、23日、旧東京音楽学校奏楽堂など)、浅草おどり(10月25、26日、浅草公会堂)などを予定している。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ