楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

今こそ三方よしの精神

21/05/10

4月25日号の本欄で書いたことが思った以上に反響があり、多くの電話をいただいた。

本欄では「『自らの利益のため』『地位と名誉に対する欲望』を持った人ではなく、コロナ禍と相対し組織団体や会員の現状を俯瞰しながら利他の精神を発揮する役員」の選出と書いたが、企業に置き換えると近江商人の経営哲学の一つとして広く知られる「三方よし」を挙げたい。

三方よしとは商売において売り手と買い手が満足するのは当然で、社会に貢献できてこそよい商売、ということであるのは、ご承知のとおり。観光業界では旅行業、宿泊業(受入施設、地域)がそれぞれ儲けにもなり、お客さんにも満足してもらえる商品、あるいは素材の提供、ということになるだろう。旅行業の一部では「旅行業を切り捨て宿泊業だけが儲けようとする動きが散見される」という声もあるようだが、三方よしで、このコロナ禍を生き抜こうとしている動きの方が多い、ということは強くお伝えしておきたい。

英語で三方よしはgood for everyoneやthree way satisfactionというそうだが、先日聞いた話だと、win win win philosophyという表現もあるそうだ。小欄は、この「ウインウインウイン フィロソフィー」を支持し、三方よしを改めて観光業界の哲学と提案したい。

(トラベルニュースat 21年5月10日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ