楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

奥多摩湖 長雨による流入量増で放流、多摩川の水位上昇に注意

21/08/20

東京、山梨の都県境に位置する奥多摩湖(小河内ダム)は長雨によりダムへの雨水の流入量が増え満水位に達する見込みになったため、8月19日13時から普段を上回る水量の放流を始めた。

奥多摩湖

奥多摩湖は多摩川の源流で、東京都では河川の水位が上昇する恐れがあるとして河川に近づかないよう注意を促している。

今回の放流は洪水時など水の大量の流入に備えて速やかに放流するためにダムに設けられている余水吐(よすいはき)を使った放流で、毎秒約30立方メートル程度。

暑さが戻る中、週末の多摩川での川遊びには注意が必要だ。河川の水位への影響は川幅が狭い上流部で大きくなることが見込まれている。

河川の水位に関する情報は国土交通省関東地方整備局京浜河川事務所のウェブサイト(https://www.ktr.mlit.go.jp/keihin/)や国土交通省川の防災情報サイト(https://www.river.go.jp/index)で見ることができる。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ