楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

第1回浜離宮大江戸文化芸術祭2019が閉幕

19/08/27

ファッションデザイナー、コシノジュンコさんが総合プロデュースを務めた、「浜離宮大江戸文化芸術祭2019」が8月23-25日の3日間、東京・中央区の浜離宮恩賜庭園で開かれた。

同イベントは今年が初めての開催。期間中、日本の伝統の1つである夏祭りを通じ、日本文化に触れる機会を作った。

オープニングには、コシノジュンコさんのほか、来賓として宮田亮平文化庁長官、小池百合子東京都知事が出席した。

オープニングで、コシノジュンコさん、宮田文化庁長官、小池東京都知事ら

小池都知事は、「もうすぐ東京が世界から注目を浴びます。江戸の文化をどんどん発信して世界に知らしめたいです」とコメント。

コシノジュンコさんは、「日本の文化っていうのは、意外に日本人自身が分かっていない。具体的にやっていくのが私たちの使命。江戸時代のおもてなしとは、思ってないことを成し遂げるということでした。これが実現できて嬉しいです」とあいさつした。

イベントの目玉となったのは、内堀広場に設けられる6メートルの櫓と、櫓の周りで繰り広げられるDJ達のプレイと浴衣フェス、和太鼓などの演奏。24日には、和太鼓奏者・林英哲氏率いるメンバーによる力強い和太鼓が披露された。

やぐらステージ周辺も盛り上がった

そのほか、剣道や居合、薙刀など「武道」のパフォーマンスや邦楽の演奏。百人一首やこま、しゃぼん玉など江戸文化を楽しめる「遊び場」では、家族連れなどが懐かしい遊びを楽しんだ。

飲食ブースでは、会津の地鶏や新潟五平餅、復興支援の一環として福島県ブースには、全国新酒鑑評会において金賞受賞数7年連続日本一に輝いた「ふくしまの酒」が並んだ。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

四県四色四国を彩る高知編

第3弾は高知県。維新の国土佐が今あえて売りだすのは「自然・体験」。これに高知城のアート...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ