楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

初の「瀬戸内カレッジ」実施 JR西日本、自治体や大学と連携

19/08/28

JR西日本が各地で展開している「カレッジ」プロジェクト。地元の自治体や大学と連携して観光による地域活性化や学生の成長を促そうというものだ。今年の対象エリアは「瀬戸内」。大学生の目線で地域の課題解決への方策を見出し、発展へのひとつの足掛かりを生み出す。

プロジェクトはこれまで北陸や九州、新潟などを舞台に毎年実施。瀬戸内での実施は今回が初めてとなる。倉敷・岡山ぐるりんパス連携協議会、せとうち旅情実行委員会、瀬戸内さざなみ線利用促進委員会、瀬戸内・松山ツーリズム推進会議、山口市、高松市、高松観光コンベンション・ビューロー、丸亀市観光協会など地元団体も主催に加わり、JR四国も協力。地域一体でプロジェクトを展開する。

関西大学や広島経済大学など関西、中国の6大学から学生が参加し、8月19―21日には現地での観光体験実習に従事。実習を通して地域との交流、魅力の発掘、SNSによる情報発信を行い、12月には地元の課題解決につながるアイデアの提案する。

この流れのなかで地元自治体は学生をフォローするなど交流を深めることも重視したプロジェクトになっている。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ