楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

初の「瀬戸内カレッジ」実施 JR西日本、自治体や大学と連携

19/08/28

JR西日本が各地で展開している「カレッジ」プロジェクト。地元の自治体や大学と連携して観光による地域活性化や学生の成長を促そうというものだ。今年の対象エリアは「瀬戸内」。大学生の目線で地域の課題解決への方策を見出し、発展へのひとつの足掛かりを生み出す。

プロジェクトはこれまで北陸や九州、新潟などを舞台に毎年実施。瀬戸内での実施は今回が初めてとなる。倉敷・岡山ぐるりんパス連携協議会、せとうち旅情実行委員会、瀬戸内さざなみ線利用促進委員会、瀬戸内・松山ツーリズム推進会議、山口市、高松市、高松観光コンベンション・ビューロー、丸亀市観光協会など地元団体も主催に加わり、JR四国も協力。地域一体でプロジェクトを展開する。

関西大学や広島経済大学など関西、中国の6大学から学生が参加し、8月19―21日には現地での観光体験実習に従事。実習を通して地域との交流、魅力の発掘、SNSによる情報発信を行い、12月には地元の課題解決につながるアイデアの提案する。

この流れのなかで地元自治体は学生をフォローするなど交流を深めることも重視したプロジェクトになっている。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ