楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

豪雨災害からの反転攻勢へ 岡山県、「おかやま果物時間」展開

19/09/10

岡山県(伊原木隆太知事)は9月3日、大阪市内のホテルで「晴れの国おかやま観光プレゼンテーション2019 岡山にカモモーン!」を開催した。旅行会社やマスコミ関係者に、フルーツとアートを前面に打ち出す「おかやま果物時間」をPRした。

伊原木知事はあいさつで、昨年7月の西日本豪雨で観光が大きな影響を受けたと報告し、「皆様のおかげで、今は通常ベースに戻っておりますこと、本当にありがたく思っております」と謝辞した。

また、昨年から展開しているキャンペーン「おかやま果物時間」について「今年は、岡山の得意な果物をもう一度テーマに、瀬戸芸(瀬戸内国際芸術祭2019)、岡山芸術交流2019、県北でも芸術温度(美作三湯芸術温度)といったアートも絡めて、去年の分まで取り返そうと気合いを入れてやっています」と話した。

伊原木隆太知事

フルーツとアートをコラボし
送客を呼びかける伊原木知事

このあと、ナショナルジオグラフィックやニューヨークタイムズで高い評価を得ている瀬戸内の魅力、晴天率が高く天文台が点在する星空観光、100万年前の火山活動によって生まれた蒜山高原一帯の自然や食の魅力をアピール。岡山県への来訪を呼びかけた。

さらに地酒や地域の特産を振る舞う交流会も行われた。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ