楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

北の国から“再会と再開” 全旅連青年部・部長、次期部長対談(2) 我々が大人数で再開―第26回全国大会の意義

反転攻勢策を論じる

―1期わずか2年の任期ですが、震災、民泊問題、コロナ禍と大きな環境変化が続きました。コロナ禍を経ての今回の大会の位置づけを教えてください。

 再会と再開です。今期は始まった時から青年部員同士が会えない時間が長く続きました。人流がないと立ち行かないのが我々の業界です。まず自分たちが大人数で再会しようというのが全国大会です。それから再開、活動のリスタートです。

2011年の東日本大震災後、福島県は人々も旅館も打ちひしがれていました。その時、真っ先に駆け付けてくれたのが横山体制の全旅連青年部でした。南相馬市の人たちに全国のおいしいものを食べて元気出してもらおうと「宿屋の若旦那大集合 全国うまいもん博覧会」を開催してくれました。イベント会場を笑顔で駆け回る子どもたちを見て感動しました。その時の感動が強く残っています。被災地や仲間のために動くのが青年部だと知りました。それをコロナ禍でやりたい。その思いが全国花火大会につながりました。

全国うまいもん博覧会

2011年に福島県南相馬市で開催した
「全国うまいもん博覧会」

塚島 全国大会は星体制の集大成です。何を論じるかと言えば、反転攻勢の策です。商売は傷ついても下を向いていても仕方ない。問題は山積みですがポジティブシンキングで解決していく。一致団結して難局を乗り越え、宿泊産業を日本の基幹産業にするという思いを全国大会で再確認したい。

全旅連青年部

全国大会は星体制の集大成と話す2人

(トラベルニュースat 2022年10月25日号)

(次の記事)北の国から“再会と再開” 全旅連青年部・部長、次期部長対談(3) 宿フェスまで活動最大化
(前の記事)北の国から“再会と再開” 全旅連青年部・部長、次期部長対談(1) 青年部活動で学んだこと

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ