楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

日本百名月の「観月会」開く 出雲市の倉留寺/島根

19/09/27

全国37カ所、中国地方で初めて「日本百名月」に選ばれた島根県出雲市の倉留寺(そうりゅうじ)で9月14日、観月会が行われた。宍道湖を見下ろし、湖面に鮮やかな「月の道」を描いた中秋の名月に、参加者からはどよめきに似た感嘆の声があがった。

出雲観光協会が、松江市−出雲市間を結ぶ一畑電車とタイアップして企画。倉留寺では大正琴の演奏会のほか、本堂で抹茶と饅頭のおもてなし、月見弁当を食べながら月見酒を楽しんだ。電車内では出雲観光協会の職員の指導で俳句教室が行われ、参加者は月を愛でる時間を堪能した。

倉留寺

中国地方初の日本百名月に選ばれた倉留寺

参加者は60人。インターネットで知ったというニュージーランドの観光客もいた。

日本百名月は、月を観光ブランドとして定着させようと、日本各地の「名月」を国内外にアピールしている。夜景観光コンベンション・ビューローとKNT−CTホールディングスが活動主体で、一定の基準を満たした地域、施設を百名月として認定している。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
京都丹後で麒麟と冬の味覚に出会う

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の娘、玉(のちの細川ガラシャ)ゆ...

巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ