楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

マザー牧場で10月22日、ふなっしーが千葉の復興応援ショー

19/10/21

千葉県富津市のマザー牧場に10月22日、船橋市の人気キャラクター「ふなっしー」がやってくる。台風15号からの千葉県の復興を応援しようと開くイベントで12時30分から約30分間、トークとパフォーマンスのステージショーを披露する。

ふなっしーとマザー牧場のキャラクター、マーモママ

会場は園内のアグロドーム前ステージ。観覧には入場整理券が必要で先着1000枚を配布する。ただ、22日の天気予報は千葉県全域であいにくの雨模様。悪天候の場合は場所をアグロドームに移し、定員も800人に縮小して行う。

ステージの様子は「ふなっしーファンクラブ274ch.」で生配信を予定。マザー牧場から全国に向けて千葉への応援を呼びかける。

また、10月26日には、福島県いわき市の「スパリゾートハワイアンズ」のダンシングチームによる、「全国きずなキャラバン」が8年ぶりに復活し、マザー牧場でフラダンスの公演を行う。

時間は12時15分~と、14時15分~で、各20分ほど。会場はアグロドーム前ステージもしくはアグロドーム。

マザー牧場は台風15号が通過した9月9日から、強風による施設の被害と、その後の停電で20日間ほど休園した。その間、スタッフは動物の世話をしながら、園内の片付けや設備の復旧作業などに取り組み、9月28日に営業を再開している。

再開後は千葉の復興を応援する気持ちを込めて、10月31日まで、千葉県民の入場を無料にしているほか、ヒツジたちが大きな笑顔をつくる、新たな動物パフォーマンス、「ひつじのにっこり大行進」を連日行っている。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ