楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

地域活性化の組織へ KNT―CT協定3団体を統合、「KCP」を設立

19/06/27

KNT−CTホールディングスのグループ会社、近畿日本ツーリストとクラブツーリズムそれぞれの協定施設の会を統合した、「KNT−CTパートナーズ会」(KCP)の設立総会が5月30日、都内で開かれた。

統合したのは近畿日本ツーリスト協定旅館ホテル連盟(近旅連)と、中小鉄道・バス事業者、土産店、ドライブインが加盟する近畿日本ツーリスト全国ひまわり会、クラブツーリズムパートナーズ会の3団体。協定会員が多いのは近旅連の2300会員と、クラブツーリズムパートナーズ会の約2500軒(宿泊施設約1千軒、ドライブイン約1500軒)。初代KCP会長には堀泰則・旧近旅連会長(岐阜県・ひだホテルプラザ)、名誉会長には丸山隆司KNT−CTホールディングス社長(当時、現会長)が就いた。

丸山社長は「OTAが台頭するなか会社の持続可能な成長を図るため、地域交流事業へのビジネスモデルの転換を進めている。近ツーの営業力とクラツーの企画力を融合させ、仕入、企画、造成、販売を有機的につなげていく。それにより客に選ばれる商品の仕入れと造成につなげたい」と統合の狙いを強調した。

パートナーズ会の堀会長は「統合は、時代の変化に対応するための会社の構造改革の一環で、絶対に必要だった。会社と一体となり共生と共創をテーマに、変化に順応できる組織でありたい。宿泊、運輸、観光の3部会一緒にウェブ販売やインバウンド集客に挑戦していく」と意欲を述べた。

KNT−CTパートナーズ会

近旅連とクラブツーリズムパートナーズ会、
全国ひまわり会を統合した設立総会

パートナーズ会では事業の目的を、地域の活性化と新規顧客の開発、誘客としている。「地域イベントを創生し、販売し、地域の成長に協力するリアルエージェントにしかできないビジネスモデルを作りあげていく」とし、自治体や地域の観光協会、DMOなど地域の事業者と協業できる組織を目指すとしている。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ