楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

日本初のバイク型コースター「GP RACERS」新設 鈴鹿サーキット、カート体験「KART ATTACKER」と同時に

19/10/24

鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)は2020年3月1日、 日本初のバイク型コースター「GP RACERS(ジーピーレーサーズ)」と、 初めてのレーシングカートに親子で挑戦・成長できるカートアトラクション「KART ATTACKER(カートアタッカー)」を、 モータースポーツの楽しさをファミリーで体感できるエリア「GPフィールド」に同時オープンする。家族で楽しめる新施設でこれまで以上にモータースポーツの魅力を提供する。

GP RACERS

リアルライディングコースター 「GP RACERS」

「GP RACERS」は本格的なレーシングバイクのライディングを気軽に体験することができる日本初のバイク型コースター。 レーシングバイクがより速くコーナーを曲がるためにマシンを傾ける最大48度の“バンク“を体験することができ、 タイトなコーナーを高速で駆け抜けることで、 実際のレースでライダーが行うような非日常的なコーナリングやスピード感を体感できる。また、 走行するコースは「F1日本グランプリ」や「鈴鹿8時間耐久ロードレース」を開催する国際レーシングコースのすぐ隣に設計されており、 まるでコースに飛び出すかのような迫力を味わうことができる。マシンのカラーリングは全6種類で、 1台につき2名で乗車するタンデム型のレーシングバイクコースターだ。

車両イメージ

「GP RACERS」概要

■定員:2名
■乗車時間:約90秒
■最高速度:約50km/h
■コース全長:約420m
■最大バンク角(傾斜):48度

ステップアップカートアトラクション 「KART ATTACKER」

KART ATTACKER

「KART ATTACKER」は子どもが初めてのカートにチャレンジする姿を見守り、 一緒になって成長することができる“ステップアップカートアトラクション” アトラクションは「デビューステージ」と「アタックステージ」の2段階に分かれ、 「デビューステージ」はレーシングカートを体験したことがない子どもでも、 親と一緒になって挑戦できる初級ステージだ。プロテクターの装着やマシンの操作方法など、 親のサポートを受けながら一緒に成長することで、 基準タイムのクリアを目指す。
「アタックステージ」は、 基準タイムをクリアしたファミリーがより速いマシンでタイムアタックに挑むステージ。 親子でテクニックを磨きながらタイムを競い合い、 自己ベストとなるラップタイムを目指して何度でも挑戦できる。

鈴鹿サーキットURL:https://www.suzukacircuit.jp/

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ