楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

千葉・鴨川シーワールドがマザー牧場、ドイツ村とイルミ共通券

19/10/31

台風15号、19号、その後の大雨と災難が続いた9-10月の千葉県。千葉県を代表する3つの観光施設が共通券の設定で、冬季の巻き返しを図る。

鴨川シーワールド(千葉県鴨川市)は11月1日、 鴨川シーワールドの入園と、 東京ドイツ村(袖ヶ浦市)、マザー牧場(富津市)の各ウインターイルミネーションの入園券をセットにした、冬季2施設共通入園券を発売する。

鴨川シーワールドのシャチのパフォーマンス

東京ドイツ村ウインターイルミネーションは「飛び出せ!ピコピコ!ドリームワールド~Play & Smile~」。 音楽とイルミネーションのショーや約70mの虹のトンネルなどが楽しめる。

共通券の利用は2020年4月5日まで。料金は鴨川シーワールドの大人2人分と東京ドイツ村入園券(車1台分)のセットで、6300円(通常9000円)。

東京ドイツ村のイルミネーション

マザー牧場では、過去最大スケールのイルミネーションで装飾された園内で「光の花園」が観賞できる。また、ナイト遊園地や光のナイトバンジー(土日祝限定)など、 この時期ならではのアトラクションもある。

マザー牧場の光の花園

共通券の設定期間は11月1-2020年1月6日。料金は大人3270円など。特典で鴨川シーワールドのホットチョコレートが付く。

両施設との共通チケットは、鴨川シーワールドでのみ販売する。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ