楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「ビワイチ」がナショナルサイクルルート第1号に/滋賀

19/11/13

国土交通省が創設した「ナショナルサイクルルート」の第1号に、滋賀県のビワイチ、広島県と愛媛県を結ぶしまなみ海道、茨城県のつくば霞ヶ浦りんりんロードが指定された。自転車によるサイクルツーリズムを推進し、国際的なサイクリングルート国内外に発信するため、国土交通省自転車活用推進本部が選定を行った。3ルートは今年9月に第一次候補に選ばれていた。(https://www.travelnews.co.jp/news/sougou/20190910083036.html

ナショナルサイクルルート第1号に指定されたビワイチは、滋賀県の代名詞でもある琵琶湖を1周するサイクリングルート。全長約200キロに及ぶ。上級者は1日で走り切ることができるが、初心者や中級者は宿泊しながら2-3日かけて、琵琶湖岸の美しい景観を楽しみながら走ることができる。路面整備や案内看板設置など安全で快適な走行環境が整備されており、サポートステーションやレンタサイクル拠点なども充実。家族連れや訪日外国人観光客なども含めて安全に周遊できることが高く評価された。

セレモニー

ナショナルサイクルルート指定を喜ぶ三日月知事(左から2人目)

第1号指定を受けてセレモニーを行った滋賀県の三日月大造知事は「とても嬉しく光栄に思う。選ばれた以上、もっともっと世界の方々や初心者など多くの層に楽しんでいただけるサイクルルートになるよう力を入れていく。安全面や案内面を向上させ、走る方、住んでいる方、社会全体が三方良しのより良いルートになるよう取り組んでいく」と喜びと決意を語った。

ナショナルサイクルルートは、自転車を通じて優れた観光資源を有機的に連携するサイクルツーリズムの推進により、日本における新たな観光価値を創造し、地域の創生を図るため、国の自転車活用推進本部において、今年9月に創設された制度。日本を代表し、世界に誇りうるサイクリングルートを国内外へPRするため、魅力的で安全なルートであることなど、一定の要件を満たすことを条件に指定される。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ