楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

六甲山スノーパーク、20年で最盛況!11月30日からはスノーランド営業開始

19/11/27

六甲山観光(神戸市)が運営する六甲山スノーパークは11月24日、 関西最速でゲレンデをオープンし、 11月16日の開業からの来場者が、ここ20年で一番の盛況だった昨シーズン並みの約3,000人が来場したと発表した。11月30日からはスノーランド&ナイター営業を始める。

スノーランド

スノーランド

11月30日(土)からは、 スノーランド(雪ゾリ・雪あそび専用ゲレンデ) 及び金曜・土日祝扱い日のナ イター営業(16時~22時) を開始する。
約10,000m2と関西でも有数の広さを誇る雪ゾリ・雪あそびゲレンデ「スノーランド」 は、 子どもの雪あそびやソリ滑りの他に、 初めて雪を見る外国の方に、 気軽に雪と触れ合っていただく場として人気を高めている。
また、 金曜及び土日祝扱い日には ナイター営業を開始し、 金曜日の学校・仕事終わりに、 週末には朝から夜までウィンターレジャーを満喫できる。

「11月30日(土)から老若男女、 様々な方にスノーシーズンの楽しみの場を提供できるよう努める」と同パーク。

雪ゾリ・雪あそび専用ゲレンデ「スノーランド」は、 スキーゲレンデと完全に分かれているため、 子どもでも安心して雪の世界を満喫できる。
また、 シーズン中には多数のイベントの開催を予定している。
【期間】2019/11/30(土)~2020/3/29(日)
※期間中無休
【時間】9:00~17:00
【入園料】大人(中学生以上):2,200円
小人(3歳~小学生):1,100円

料金

ナイター営業

11/30(土)以降の金曜及び土日祝扱い日は、 16時~22時までナイター営業を開始する。 日中では味わえない幻想的な雰囲気の中で、 スキー・スノーボードを楽しめる。 また、 シーズン中にはナイターイベントの開催を予定しており、 ゲレンデを盛り上げる。
【期間】2019/11/30(土)~2020/3/29(日)の金曜及び土日祝扱い日
※土日祝扱い日:土曜・日曜・祝日及び12/26(木)~1/3(金)、
ただし12/31(火)・1/1(水・祝)を除く
【時間】16:00~22:00
【入園料】
大人(中学生以上):2,700円
小人(3歳~小学生):1,600円
※ナイター入園券はリフト料金込み

六甲山ポータルサイト  https://www.rokkosan.com

 

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ