楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ハウステンボス、上場に向け役員体制を変更

19/12/19

ハウステンボス(長崎県佐世保市)は12月20日の株主総会、 その後開催予定の取締役会で役員体制の変更をする予定となった。上場を本格的に目指す。

1.目的

上場準備のため定款変更を行い監査等委員会設置会社となり、 親会社からの独立性を確保する体制作りへと移行するため。 これにより、 親会社役員を兼務している、 もしくは兼務となる以下3氏は退任する。

取締役会長      澤田 秀雄
監査役(非常勤) 梅田 常和
(非常勤) 矢田 素史
同時に、 森川 秀直氏は任期満了に伴い退任となる。

2.新役員体制(2019年12月20日付)

代表取締役社長  坂口 克彦【再任】
取締役  和田 光   【新任】
佐伯 博司【新任】
若尾 政彦【新任】
関  好古【再任】
(非常勤)富田 直美【再任】

また、 代表取締役の坂口氏は親会社であるエイチ・アイ・エスの2020年1月29日開催予定の定時株主総会をもってエイチ・アイ・エス取締役常務執行役員を退任予定となる。 エイチ・アイ・エスからの出向者である和田、 若尾の両氏もエイチ・アイ・エスを1月末付けで退職予定となる。

2019年12月20日のハウステンボス定時株主総会をもって監査役設置会社から監査等委員会設置会社への移行に伴い、 社外取締役の唐池氏は取締役監査等委員に就任する。

取締役監査等委員 (非常勤) 唐池 恒二【新任】
(非常勤) 日向 淳 【新任】
森   裕幸 【新任】
*2 唐池 恒二氏、 日向 淳氏は会社法第2条第15号に定める社外取締役。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ