楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

“空中回廊”で復旧の姿を一望 熊本城、「特別見学通路」を公開/熊本

20/06/02

熊本市の熊本城は6月1日、「特別見学通路」を公開した。熊本地震で被害を受けてから、大天守外観の工事が完了して2019年10月に続く特別公開の第2弾。当初は4月29日に予定していたが新型コロナウイルス感染拡大で延期していた。18日までは熊本県民に限定しての公開。状況をみて今後県外客へ対象を拡大していく。

熊本城

特別見学通路が設置された熊本城

特別見学通路は、地上約6メートルの高さから、天守閣や二様の石垣、重要文化財の櫓群などを眺められる“空中回廊”。全長約350メートルで、床に熊本県産のヒノキを使用している。総工費は約17億円。

熊本城

特別見学通路から天守閣を眺める

公開にあたっては、マスクの着用や施設の消毒、整理券による人数制限など感染防止策を施す。

同市では、「築城400年の歴史のなかで『今しか見られない』熊本城をお楽しみください」としている。

公開時間は9―17時。なお、天守閣の内部には入れない。

熊本城は今後、21年春に天守閣を完全復旧。天守閣内部の公開を予定している。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ