楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

山梨県で昨年デビューのブランド養殖魚「富士の介」フェア

20/10/27

山梨県は11月3日から2021年3月にかけて、県内の主に宿泊施設31軒でブランド養殖魚「富士の介(すけ)フェア」を開く。「ワイン県やまなし」が誇る県産ワインと富士の介とのマリアージュもお楽しめる施設もある。

富士の介は山梨県がキングサーモンとニジマスを交配し2019年に開発した新しいブランド魚。ミネラルウォーター生産量日本一の山梨県の冷たくきれいな水で育つ。

「マスノスケ」の和名を持つキングサーモンはサケ・マス類では大型な上、味がよいとされる。これを養殖に適しているニジマスと交配させることで、マスノスケよりも成長が早く、ニジマスよりうまみ成分であるグルタミン酸を多く含んだ富士の介が誕生した。

富士の介フェアに参加している施設は県のウェブサイト(https://www.pref.yamanashi.jp/nou-han/fujinosuke/fujinosuke_fair.html)で確認できる。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ