楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

キュナード クイーン・エリザベスなど3隻の運休再延長を発表

20/08/26

キュナードは8月25日、コロナウイルスの感染拡大が沈静していないことや、英国外務・連邦省からの指導を受け入れ、保有する3隻(クイーン・エリザベス、クイーン・メリー2、クイーン・ヴィクトリア)の運航停止期間を延長すると発表した。

キュナードの「クイーン」3隻

運行停止期間を延長するのは2回目。4月にクイーン・メリー2とクイーン・ヴィクトリアは2020年7月31日まで、クイーン・エリザベスは、同9月8日までに出発するすべてのコースのキャンセルを決めていた。

今回の決定では、クイーン・エリザベスは2021年3月25日まで、クイーン・メリー2は同4月18日まで、クイーン・ヴィクトリアは同5月16日まで運航しない。

キュナード代表のサイモン・ペイルソープ氏は「運航停止に加え、2021年3月26日-12月13日まで予定していたオーストラリア、アラスカ、春と秋の日本周遊クルーズを中止いたします。クイーン・エリザベスでの船旅を楽しみにしてくださっていた日本のゲストの皆様、特に2020年がキャンセルになったため2021年に振替予約をしてくださった皆様、加えて、クイーン・エリザベスの寄港を心待ちにしてくださった皆様へ、心よりお詫びを申し上げます。私どもは2022年にはクイーン・エリザベスの日本発着を再開するという強い決意を持っております」などとするコメントを発表した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ