楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

初詣は「平日伊勢まいり」 伊勢市、ピーク分散化へキャンペーン/三重

20/12/09

信仰の聖地・伊勢神宮は、一年を通して全国から多くの参詣者が訪れる。なかでも年始は初詣でごった返す時期。コロナ禍で三密回避が叫ばれるなか、おひざ元の三重県伊勢市と伊勢市観光協会は、初詣のピーク分散化へ「平日伊勢まいりキャンペーン」を実施する。平日限定の様々な企画で、混雑を避けたゆっくりとした初詣を促していく。

1月6―29日は、内宮前市営駐車場が4時間無料に。駐車券や公共交通企画の切符などを提示すると「蘇民将来」木札ストラップの1枚プレゼント企画も用意する。

2月1日―3月19日は、伊勢市内の対象宿泊施設の平日チェックアウトで参宮木札「蘇民将来」を1グループ1枚プレゼントする。参宮木札「蘇民将来」は2月1日と3月1日に外宮周辺で配布イベントも。

参宮木札

参宮木札

また、1月6日―3月1日の平日限定で、伊勢の特産品2千円分が抽選で100人に当たる応募カードを配布。1月6日―3月19日は近鉄五十鈴川駅前のE―BIKEを平日にレンタルすると「蘇民将来」木札ストラップが1枚もらえる。

詳しくはhttps://ise-kanko.jp/StDocs/heijitsumairi/へ。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ