楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

調査16年目にして草津(群馬)が初の1位に じゃらんリサーチセンター「人気温泉地ランキング」

リクルート・じゃらんリサーチセンター(沢登次彦センター長)はこのほど、毎年恒例の「人気温泉地ランキング」の2022年版の投票結果を発表した。旅行者が「もう一度行ってみたい」と感じる人気温泉地は草津(群馬)が調査開始16年目にして初の1位に。これまで15連覇だった箱根(神奈川)は僅差の2位となった。

続く3位登別(北海道)、4位道後(愛媛)、5位別府(大分)は前年から変わらず。6位に有馬(兵庫)が前年7位から順位を上げ、7位黒川(熊本)、8位熱海(静岡)、9位由布院(大分)、10位に下呂(岐阜)が続く。50位まででは、35位の湯河原(神奈川)、19位の伊香保温泉(群馬)、16位の蔵王温泉(山形)の上昇が目立つ。

また、世代別に見ると20、30代が箱根、40―60代は草津を1位に推した。熱海と黒川が30代のトップ5に新たに加わった。

草津湯畑

ついに草津がトップに(写真は湯畑)

一度は行ってみたい「全国あこがれ温泉地ランキング」は乳頭(秋田)が3年連続で1位。2位草津、3位由布院と続くが4位銀山(山形)と5位道後が前年と順位が入れ替わった。10位別府前年から2つ順位を上げベスト10入り。そのほか48位の大歩危・祖谷周辺(徳島)、42位ウトロ(北海道)、33位嬉野(佐賀)などが上昇した。

満足度ランキングは総合温泉地部門で霧島(鹿児島)が満足者の割合95・7%でトップを奪取。2位は白骨(長野)、3位は八幡平(岩手)が入った。訪問者100人未満の秘湯部門は1位小田・田の原・満願寺(熊本)、2位久住(大分)、3位十勝岳(北海道)がランクインした。
調査は宿泊予約サイト「じゃらんnet」の利用者を対象に8月に行い、全国327温泉地から選択。回答数は1万3961人。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ