楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

西武園ゆうえんち 5月19日に開園、1960年代の世界テーマに

21/04/14

西武鉄道は4月13日、大規模改修で休園中の「西武園ゆうえんち」(埼玉県所沢市)を5月19日に開園すると発表した。

新しい遊園地のテーマは、活気ある1960年代の世界。賑わう商店街の再現やゴジラをテーマにした乗り物「ゴジラ・ザ・ライド大怪獣頂上決戦」、鉄腕アトムやジャングル大帝が登場する「レッツゴー!レオランド」など、「心あたたまる幸福感に包まれる世界」を体験してもらう。

TM & © TOHO CO., LTD

商店街ではジャングル大帝のレオとパンジャをデザインした独自の園内紙幣で買い物中に、突然、住民によるパルクールなどライブパフォーマンスに巻き込まれ、「ゴジラ・ザ・ライド」では、ゴジラやキングギドラたちの激闘の真っ只中に放り込まれる。

大観覧車、メリーゴーラウンド、回転空中ブランコなど、1960年代に人気を集めたアクティビティには新たな演出で再生する。

ワンデーフリーチケットは中学生以上4400円、3歳から小学生まで3300円。休園前の大人2800円、子ども2300円から値上げする。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ