楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

下呂温泉感謝祭、4年ぶりに従来通り開催/岐阜

23/09/12

岐阜県の下呂温泉で8月3日、「温泉感謝祭」が開かれた。天与の資源である温泉に感謝し、温泉地のますますの発展を願って毎年開催されているものだが、コロナ禍の影響で過去3年間は中止や規模を縮小して実施していた。今回は4年ぶりに従来の規模での開催となった。

JR下呂駅で記念撮影を行ったあと、恒例の参進行列がスタート。駅から温泉街にある温泉寺まで、旅館関係者らが下呂温泉を「日本三名泉」の一つとして紹介した江戸時代の儒学者・林羅山、室町時代の詩僧・万里集九らに扮して、温泉街を練り歩いた。

下呂温泉感謝祭

下呂温泉の温泉感謝祭で関係者一同で記念撮影

温泉寺では下呂温泉の芸妓らが境内で下呂踊りを披露したあと、本尊にいで湯を奉納。

同祭実行委員会の齋藤正巳さん(睦館)は「諸先輩のおかげで感謝祭はこうして続いて継続ができています。今回で75周年を迎えることができたのは先人らのおかげ。感謝したい」と語り、先人の偉業を称えた。

直会のあと、下呂温泉花火ミュージカル夏公演が行われ、30分の間に1万発の花火が打ち上げられた。

温泉感謝祭は8月1日から4日までの期間に行われる「下呂温泉まつり」の一環で執り行われるもので、期間中は龍神火祭りや湯の華みこしパレードなど多彩な催しで盛り上がる。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ