楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

【訪日客百話百景】毎日が新しい体験 サミ(UK)@箱根大涌谷

1月20日 イングランド北部の街から6週間の滞在予定で来日。東京の郊外、八王子市南大沢にある首都大学に物理の研究で訪れた。この日は来日1週間ほどで初の週末。平日は毎日都心を探検している。箱根は、同僚に勧められて来た。

箱根1日フリー切符を買って、箱根湯本駅から登山電車、ケーブルカー、ロープウェイを乗り継いで大涌谷に着き、黒たまご館のカフェから外の濃霧を眺めていた。

「大涌谷から富士山が見たかったけど、UKもいつもこんな天気だし仕方ない」

大涌谷の気温は5度ほど。飛ばされそうなほど風が強いのに、ガスも濃く、視界はほとんどなかった。

濃霧と強風の大涌谷

濃霧と強風の大涌谷

「日本は食べ物も、文化も、歴史もヨーロッパと違って、毎日が楽しくて、新しい体験をしています」

アジアは香港とシンガポールに行ったことがあるけど、もっと違いが大きい印象なんだそう。

これから桃源台までロープウェイで下り、海賊船で元箱根まで遊覧する。「元箱根で赤い鳥居と富士山が見えるといいけど、やっぱり難しいですよね」。

来週末は京都へ。カプセルホテルに泊まろうと思っている。

サミさん

サミさん

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ