楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

社有林木材で作ったベンチでSL大樹の雄姿を 東武鉄道の日光・鬼怒川エリア活性化策

21/05/16

東武鉄道は、沿線の日光・鬼怒川エリアの活性化策の一環として、栃木県内に所有する森林での間伐で生まれた木材を生かしベンチを制作する。鬼怒川線、日光線沿線を走るSL大樹の雄姿が眺められる場所に設置。SDGsの観点から社有林の維持と沿線の観光振興を通して地域活性化に生かしていく。

これまで課題となっていた社有林の間伐作で発生した木材の処理を、ベンチの制作で地域活性化につなげようというもの。SL大樹が走る日光・鬼怒川エリアの風景を楽しめる場所に設置できる人に寄贈する。ベンチの制作は、日光市の木材関連業者などでつくる協同組合無垢の会が協力する。

東武鉄道

ベンチ設置イメージ

ベンチを設置する希望者を募集しており、「SLが眺められる場所に設置」「設置後3年以上管理・運営を行う」という条件を満たせば個人・企業・団体の別は問わない。

7月末までtobu.sltaiju@gmail.comへメールで代表者の氏名・住所・電話番号、設置場所の住所、写真などを記入・添付して申し込む。

11月までの寄贈・設置を予定しており、制作数は20脚の予定。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ