楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ラグビー強豪国から多数訪日し長期滞在/W杯を前にADARAが分析

9月20日に開幕するラグビーワールドカップ2019を前に、世界の旅行顧客データに特化したADARAがラグビーW杯期間のフライト予約データを分析した。オーストラリアやニュージーランド、イングランドなどラグビー強豪国からのフライト予約シェアが大幅に伸びており、11月2日まで44日間という長丁場の大会であることから訪日旅客の滞在日数も平均で2週間以上を予定していることがわかった。

分析は、ADARAの提携パートナーである世界各国の航空会社から得たフライト予約データがベース。主要出場国のオーストラリア、ニュージーランド、英国、アイランド、イタリア、フランス、カナダ、アルゼンチン、ウルグアイ、南アフリカの10カ国を対象に絞り、訪日旅客の動向を明らかにした。

それによると、2018年9月―今年4月の主要10カ国から日本へのフライト予約シェアは全体の5~20%だったのに対し、W杯が開幕する9月後半には約50%まで跳ね上がる。加えて、主要出場国からの訪日旅客のW杯開催期間前後の国内滞在日数は約20%が3週間以上、約40%が2週間以上の滞在予定で平均16.4泊となっている。

さらに、ビジネスクラスやラグジュアリーな宿泊施設の予約傾向から、ラグビーW杯を目的に訪日旅客は富裕層率が高いと分析。特にヨーロッパからは3分の1以上が富裕層と目されている。

ADARAでは「観光庁の訪日外国人消費動向の平均9.0日よりも1週間以上長く滞在することがわかり、試合開催の中日を利用した観光や体験ツアーを通じた各種着地型商品やサービスを楽しんでもらうチャンスとなるでしょう」とし、20年の東京オリ・パラへのインバンド施策を強化する絶好の機会と提言している。

ラグビーW杯は9月20日―11月2日に開催。札幌(北海道)▽釜石(岩手県)▽熊谷(埼玉県)▽東京▽横浜(神奈川県)▽袋井(静岡県)▽豊田(愛知県)▽東大阪(大阪府)▽神戸(兵庫県)▽福岡▽熊本▽大分の全国12都市が会場。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ