楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

【観光業界リーダー年頭所感】日本政府観光局 理事長 清野智 氏

謹んで新年のごあいさつを申しあげます。

2020年は世界的な新型コロナウイルス感染症の拡大により、これまで堅調に推移していた訪日旅行に関しましても甚大な影響を受けました。この業界に携わるすべての皆様にとって苦難の一年となったことは言うまでもありません。このような中で各国間の交流が再開されるときに向けて皆様が懸命に努力をなさっていることに改めて敬意を表します。

難しい状況ではありますが、旅行先としての日本の魅力が失われてしまったわけではありません。複数の調査において旅行先として日本が依然高く評価されていることが明らかとなっています。治安がよく衛生的であるという従来からのイメージを基に感染症対策をしっかりと講じ、受け入れる側、訪れる側双方にとって安全で安心な旅行を提供することがインバウンドの安定的な回復につながるものと考えております。

私どもとしては、22カ所の海外拠点を持つ強みを最大限に生かし、日本の魅力を継続的に発信するとともに、海外各地の状況や最新の旅行動向といった将来の観光交流および訪日プロモーション活動の再開に資する情報の収集・分析に努めます。そして、オンライン相談会やウェビナーの開催などコンサルティング力の強化をより一層図ってまいります。

また、訪日旅行の再開時期を見越し、観光コンテンツの発掘や磨き上げについても地方自治体やDMOなど関係する皆様との連携をさらに深めつつ積極的に取り組んでまいります。

本年夏には東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。世界中から注目が集まるこのときにあわせ、海外メディアにもっと日本を知っていただくための施策を実施するほか各種スポーツ愛好者向けのプロモーションへの取り組みも積極的に進めてまいります。

コロナからの復活、そして、オリンピック・パラリンピックの開催に向け、各省庁、自治体、民間企業など関係者の皆さまとオールジャパン体制で取り組んでまいりたく、引き続きご支援を賜れれば幸いです。本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ