楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「パンツを脱いだあの日から―」 5月21日に大阪市内で出版記念講演会

「パンツを脱いだあの日から―日本という国で生きる」(ごま書房新社)というユニークなタイトルの本がネット書店の売れ筋ランキングで上位にランクされるなど話題になっている。著者は、バングラデシュ出身で大阪に在住するマホムッド・ジャケルさん。5月21日には、大阪市天王寺区の大阪国際交流センターで出版記念講演会が開かれる。

ジャケルさんはバングラデシュの独立前夜に生まれた。苦労を重ねながら、ドラマ「おしん」を見て日本に憧れた。地元の短大を卒業後1994年に来日。現在は会社員として働く傍ら、留学生を支援するために東奔西走する。

著作のタイトルは来日後初めて訪れた銭湯での体験から。男性でも人前で裸になることはないイスラム教の教えから、銭湯でもパンツをはいたまま入浴しようとしたという。ところが、番台のおばちゃんから「パンツを脱ぎなさい」と指摘される。ジャケルさんはしばらく逡巡した後、意を決してパンツを脱いだ。それは、母国の文化や習慣、プライドが崩壊した瞬間であったと同時に、生まれ変わった瞬間でもあった。それから28年。異文化に直面しながら奮闘したジャケルさんの半生が綴られている。

出版記念講演会は5月21日11時から。異文化を理解し考えるきっかけになるジャケルさんの講演などが行われる。参加費は1人1千円。一部は、困窮するバングラデッシュからの留学生支援に充てられる。定員は170人。オンライン(ZOOM)でも聴講できる。
同日14時から、ホテルアウィーナ1階レストランで出版記念パーティーもある(参加費1人4千円)。

参加申し込みは14日までに、ここから必要事項を記入して申し込む。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ